高齢者のために|網戸の張替えで快適な風を住まいに|不便を便利に変える業者
メンズ

網戸の張替えで快適な風を住まいに|不便を便利に変える業者

高齢者のために

室内

お店や多くの人が利用する施設では、バリアフリー化がすすめられており、子供からお年寄り、身体に障害がある人でも、利用しやすい環境が求められています。建物を建てる時に初めからバリアフリーに配慮して建てられると良いのですが、古い建物や家では、なかなかそうはいきません。特に古い階段は足場が狭く急な傾斜であることがよくあり、年を重ねて筋力が低下してきた時、小さなお子さんがいる家庭はもちろん健康な大人でも、ヒヤッとすることがあります。手すりは後付が可能で、バリアフリー化するうえで簡単に取り付けできる代表的なもののひとつです。住宅リフォームを行っているところに依頼して設置してもらうことが出来ます。大きなホームセンターにも手すり棒と金具が売っていますから、ちょっとした大工仕事が得意な方は自分で取り付けることもできます。

手すりを取り付けることで、安定して階段を上り下りすることが出来ます。階段だけではなく、廊下など歩行する距離が長い場所でも手すりがあると安心です。風呂場やトイレも立ったり座ったりするときに手すりがあると力が入りやすく転倒を防げますし、意外なところでは、玄関の壁に小さな手すりを一本縦に取り付けるという手もあります。靴を脱ぎ履きする玄関は片足立ちになり危険です。手すりを取り付けることにより転倒を防ぐことが出来ます。玄関スペースを狭くすることも無く、インテリアに干渉することもありません。若い女性でもロングブーツを脱ぐときは大変で、つい近くの壁や棚に手を当てたり、支えにしてしまいますから、手すりがあると楽です。手すりを取り付ける場合に注意することは、壁の内側に柱が入っている場所を調べて固定しましょう。壁を軽くたたいていくと音で調べることもできます。不安な場合は専門の業者へ依頼しましょう。手すりがあると、家族みんなにメリットがあります。